東京都内の建坪10坪に趣味満載、しかも二世帯!
そんな狭小な注文住宅を工務店で建てます。

地鎮祭準備 初穂料とのし袋

こんばんは!みじんこです。

地鎮祭で準備するお供え物って、果物・野菜、干物やら色々必要ですよね。
あと鍬入れの儀式に使う砂なんかも必要だったり。

いつも工務店で利用している神社では、お供え物など儀式に必要なものは用意してくれるという、なんとも施主思いな地鎮祭をしてくれます。
もちろん我が家もそちらでお願いすることに。

こちらで用意するものとしては、初穂料のみです!

スポンサーリンク

初穂料の金額

お願いしたところでは初穂料も決まっていて、基本の一式だと35,000円でした。

お供え物に鯛飾りが付くとプラス5,000円の40,000円というのもあるんですが、設計士Mさん曰く、みなさん基本の方でやってますってことだったので、私たちも基本の方にしました。

せっかくなので鯛付きもいいかな~って思ったんですが、儀式が終わった後に、鯛は持って帰って?って言われても大変困るのでやめました(・ω・)

難しいものは難しい!

初穂料だけ準備すればいいので楽~なんですが、現金そのまま渡すことはもちろんないわけで。
のし袋に入れますよね。

はい、ここで困難が待ち受けています。

のし袋に「御初穂料」と書かねばなりません。

それが何か?って感じでしょうけど・・・

夫婦2人とも、字がへたくそなんですよ・・・。
しかも筆で書くなんて。

結婚だったりすると袋に書かれているものが多いので、書くのは自分の名前だけでいいんですが、地鎮祭用ののし袋なんて売ってなくて。

いや、さっさと書けよって感じですが、「御初穂料」なんて字が複雑じゃないですか。
なんか書く前から怖いんですよ。

・・・なんて言ってても仕方がないので練習しました(`・ω・´)

ちなみに、「玉串料」と書いても良いみたいですが、神社からの説明書きに「御初穂料」とあったので、大人しく従っておきます。

練習

お手本

やっぱりお手本がないとね!
ってことで考えた末に選んだのが、Word。

縦書きを指定して、フォントを筆で書いた時のイメージに一番近かった「HGS教科書体」というのにしました。そして太字に。

Wordがお手本、御初穂料

こんな風になります。それっぽくなった!

何に書く?

いらなくなったA4用紙の裏を使いました。

縦4分割、横8分割

手抜き図解するとこんな感じ。
縦に8分割、横に4分割すると、のし袋の書くところにちょうどいいサイズでした。

練習してみた

筆ペンを握りしめ練習です。
(本当はちゃんとした筆の方が良いんでしょうけど・・・)

普段パソコンで入力するばっかりで、文字をほぼ書かないので辛いものがありますよ。

「穂」に点つけちゃったりとか散々になりつつも、気がすむまで練習しました。

御初穂料の練習

これでまだいい方(^o^;)
字によって得意不得意が出てしまいますね・・・。

いざ、のし袋に・・・

やっとのし袋に書くところまでたどり着いたので、書いてみました。

そしたら、ええと・・・

バランスが・・・字によって大きさが違いすぎに・・・
文字が中心線からも微妙にずれてる・・・

のし袋に書いたものを載せようか迷ったんですが、ちょっと残念な感じになって悲しくなったので、掲載は差し控えさせていただきます(ノД`)・゜・

うん、でもがんばって心を込めて書いたので!許して神様!!

スポンサーリンク

書道まではいかなくとも、今からペン習字でも習おうかな・・・と思ったりしました・・・。

ランキングに反映されて更新の励みになるので、
よかったらバナークリックお願いします(*'ω'*)

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ